若ハゲがショックで、将来のことを考えると不安で仕方がないというあなた!希望を捨てるのは早いですよ!

管理人の私のように20代にして「生え際の髪の毛が薄くなってきた」「つむじ当たりが危なくなってきた」という男性のための若ハゲ治療方法をご紹介しています。

絶対にハゲたくない!あなたが強く思っているのら諦めずに最後まで見てみてください。

若ハゲ・・・対象の年代は?

そもそも若ハゲの「若」とはどの年代を指すのか?

特に明確に定義されてはいません。

でも、60代で若ハゲというのもちょっと違いますよね。具体的な定義はないものの、若ハゲは20代そして30代を主に指します。

若ハゲの原因

若ハゲの原因となるのは、ほとんどがAGA(男性型脱毛症)によるものです。

AGAの特徴は額の生え際や頭頂部から薄毛が進行する。遺伝的に薄毛の人がいたら遺伝しやすい等が挙げられます。

AGAの症状例

aga2

AGAの進行は↑の写真のようなタイプに分かれます。
実際に進行している方の写真でみてみると

①頭頂部から薄くなるタイプ

DSC00847

いわゆるO型ハゲといわれる症状です。
頭頂部付近はDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる薄毛の原因となるホルモンが増えやすい箇所です。そのためこのタイプの進行パターンが多くいます。

①額の生え際から後退するタイプ

 

脅すわけではありませんが、AGAは進行性の病気なので放っておくとどんどんと進行していきます。
自分がAGAなのかをセルフチェックしてみてAGAに当てはまるようならば、早めに治療していきましょう。

有効な治療法

薄毛の治療にはリアップなどの育毛剤を使用する方法が有名ですが育毛剤はAGAに効果がなく改善が見込めません。

すぐにできる有効な治療法は毎日の食生活や睡眠を見直すことです。

それでも、改善が見込めないという方にはAGA専門の病院へ行くことを推奨します。

アデランスでのAGA対策は有効ではありません

ひと昔前までは薄毛の治療といえばリーブ21やアデランスといった育毛専門のクリニックが有名でした。

頭皮の汚れを取り除き、食生活を見直していくことによって、治療をするという方法で育毛に成功できた方もいたでしょう。

でも、リーブ21やアデランスでの治療はAGAという病気を根本的には治してくれません。なぜなら、医療機関ではないため、AGAに有効な薬の処方などの医療行為は行えないからです。

AGAの治療は医療機関で

そもそもAGAとは、DHT(悪性の男性ホルモン)によりヘアサイクルが異常をきたしてしまったり、遺伝により髪の毛が育ちにくくなっている状態を指します。

このAGAを治療するには薬(ミノケシジル、フィナステリド)の服用が有効です。

フィナステリド、ミノケシジルによる発毛促進

tablet

フィナステリドはDHTが作られるのを抑制しハゲの進行を抑えます。
ミノケシジルは血管を拡張することで血流を良くして発毛を促す効果のある薬です。

副作用に注意!

この2つの薬には副作用があり、処方してもらうためには日本においては医療機関に行かなくてはいけません!間違っても個人で海外から個人輸入しようとは思わないでください。
管理人が以前経験したように体調に異変をきたす恐れがあります。

必ず医師の適切な診療のもと処方するようにしましょう。

AGA治療なら

AGAを治療するためには、AGA専門の病院の通院が有効です。

病院の皮膚科でも治療を行うことはできますが、ただ血液検査をしてAGA用の薬を処方して終わりです(管理人経験済)

AGAという病気は単純な治療ではないので、ただ薬を服用したから効果が出るというものではありません。

AGA専門の病院では、その人の悩みに合った適切なAGA対策を提供してもらえます。

デメリット

AGA専門病院へ行くデメリットを挙げるとすれば保険が利かないので治療費が安くないことです。

それでも、アデランスや高額で意味もない育毛剤を使いつづけるよりは、よっぽど効果があります。

効果が出るのか分からないものにお金を使うのか効果が確実に出るものにお金を使うかの違いですね。

薄毛の悩みって内緒にしたいものなので一人で考え込んでしまいがちですが、一度無料のカウンセリングだけでも行ってみてはいかがでしょうか。

きっと悩みを打開する策を紹介してくれますよ。

下記でオススメの病院を紹介してます。