ストレスは万病の元と言われるように私たちの体は強いストレスを受けることで様々な変調をきたします。

よく言われる通り、ストレスは髪の毛に重大な影響を与えます。

ストレスと抜け毛の関係

keyword_03

強いストレスにより、抜け毛、薄毛につながる恐れがあります。

自律神経のバランス

ストレスは自律神経という体をコントロールする働きのある神経のバランスを崩し、血管が縮まってしまい、栄養の循環が悪くなります。

そううなると、頭皮の状態が悪化したり抜け毛が多くなってしまいます。

消化器官への影響

さらには、ホルモン分泌の乱れから胃腸など消化器官の働きが悪くなり、栄養の吸収が低下します。
その結果、髪を作る毛母細胞への栄養供給が不足してしまい、髪の毛の成長へ悪い影響を与えてしまいます。

ストレスによる抜け毛の回復

ストレスによって抜けた髪の毛を回復させるには、まず抜け毛を食い止めるために抜けやすくなってしまった頭皮の環境を整えることが大切です。
頭皮の環境が回復したら発毛を促すようにします。

そのために意識したいのは以下のようなことです。

ストレス解消

まずはストレスを無くしていくことが大事です。

そうは言っても仕事や家庭での人間関係、生活の変化によるストレスなど日々の生活から受けるストレスは人それぞれで、ストレスを受けないように生活することなど不可能です。
なので、ストレスを受けても溜めないようにすることが大切です。

誰かに相談する

shutterstock_113479108

髪の毛の悩みは恥ずかしいと思ってしまい、中々誰にも言えないものかもしれません。
でも一人で悩まずに、話すことで気持ちが楽になることもあります。

相談しやすく、秘密を守ってくれそうな友人や家族に話してみましょう。

自分の時間を持つ

8fa0b6c73b24a453e46af374a6022390_m

毎日何かに追われている真面目な人ほど、自分の時間を持つことが大事です。

自分の好きな趣味やスポーツ、公園で散歩しながら何も考えない時間を作る、喫茶店で本を読むのでもなんでも良いので自分の時間を持ってガス抜きをしましょう!

気分転換することで、ストレス軽減につながります。

頭髪専門のクリニックに行く

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

分からないことって不安で仕方ないですよね。
このままでは薄くなってしまいそう、という不安を抱えたままではストレスは溜まる一方です。

そんな時にはクリニックで専門の先生に自分の現状について聞いてみましょう。
心の負担が減るはずです。

このように、なんでも良いので自分なりのストレス発散方法を見つけてストレスを溜めないような努力をしてみましょう。

発毛を促進させる

「ミノケシジル」という薬を使用して、積極的に発毛を促進することができます。
このミノケシジルには「髪を作る細胞である毛母細胞がなくなるのを抑制する」「発毛を促す毛乳頭細胞を促進する」働きがあります。

日本で唯一ミノケシジルを含む発毛剤であるリアップ。
ミノキシジルを5%含有しています。

管理人も使用経験があるのですが、頭皮が見えるまで薄くなっていた頭頂部分が半年ほどリアップを使用することで、毛が増えてきたことを実感できました。

友人からも「前とは違ってるね」なんて言われるようになり、気持ちにも変化が。
どんどん気分が明るくなってきてストレスも減っていった経験があります。

効果には個人差があると思いますが、前髪が薄なっていくM時ハゲよりも、頭頂部の薄毛に効果のある育毛剤なのでストレスで頭頂部が薄くなってきているという方は使用を検討してみては。