薄毛に悩む人で「プロペシア」の名前を知らない人はいないでしょう。

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として開発された「飲むタイプの育毛薬」です。

プロペシアの費用は?

1ヶ月(30錠)にかかる費用はクリニックや病院によりますが、7000円~10000前後です。
大分高いなと思われるかもしれませんが薄毛に悩んでいる方はこれまで高額な育毛剤を試したのにほとんど効果がなかったという経験のある人が多いと思います。
しかし、クリニックや病院でプロペシアを処方してもらうことで以下のようなメリットがあります。

  • プロペシアの服用を始めれば高価な育毛剤は一切必要なくなくなる
  • プロペシアは確実な発毛効果が期待できる医薬品なのでお金が無駄にならない
  • 男性の薄毛を治すにはプロペシアの服用は王道

副作用は?

shutterstock_150978755

プロペシアの副作用には以下のようなものが挙げられます。

  • 性欲減退
  • 胃の不快感

副作用が出るものとして有名なのが男性機能の低下です。
プロペシアの服用により、ED(勃起不全)、精液量の減少が発現する可能性があるのです。

確率的には1%以上5%未満とかなり少ないですが、全くゼロという訳ではないので病院やクリニックで担当医とよく相談すると良いでしょう。

 個人輸入で輸入する方法について

9efba4200c1d537f3d165881b6f50acb

安いから(1ヶ月5,000円程)と言って海外製のプロペシアを海外から個人輸入して服用するという方法がインターネット上で出回っていますが大変危険です。

こちらの記事にも紹介されているようにネット通販での薬には危険な処方薬で正規品ではないばかりか通常の安全基準を満たしていない商品も含まれています。

薬を個人輸入すること自体が違法!

個人輸入した薬を服用して、どんな副作用が発生しても誰も助けてくれません。

一例が、「医薬品副作用被害救済制度」です。
これは国が定めた制度で、医薬品を服用して副作用が出た場合の救済制度です。
具体的には、副作用の医療費に対して給付金が出たり、副作用で後遺症が残った場合に障害年金が出たりします。

しかし、個人輸入した薬は、医薬品副作用被害救済制度の対象外です。

仮に、プロペシアの副作用で後遺症が残ってしまったとしても、国は何も助けてはくれません。

http://xn--u9j9eoctgpa7iz29v4ef1x1g.net/

このように海外から個人輸入した薬の服用はすべて自己責任になります。

これは個人輸入の代行サイトを使用した場合も同じです!

そもそも、個人輸入で代行している業者は違法です!
そんな違法業者から購入する商品なんて信用できるはずがありません。

プロペアシアの処方は必ず、病院やクリニックで処方してもらうようにしましょう。

まずは専門のクリニックで無料診断

AGA専門のクリニックでは無料での診断をしてもらえます。
診断内容は自分がAGAのどの症状に当てはまっているか、どのような治療が必要になるかということです。
もちろん、無理に治療を勧めてくることもなく自分の意見を尊重してくれます。

専門の医師から適切なアドバイスがもらえるので薄毛を気にされている方なら一度AGA専門のクリニックで無料カウンセリングを受けてみては。

→AGA専門のクリニックの比較