女性の薄毛(AGA)で悩んでいる人の中には病院での治療も考えているという人もいると思います。
やはり自分で薄毛対策をしていくよりも治療を受けた方が症状が改善していくような気がしますよね。しかし女性の薄毛(AGA)は病院で本当に治療することはできるのでしょうか?

そもそも、どの診療科で診療したら良いのでしょうか?

keika

実際に診療を受けた経験を元に、どの診療科で治療できるのかや治療効果について検証してみました。

まず考えたい薄毛の原因

女性の薄毛(AGA)で病院を受診したいと考えている場合は、まず薄毛の原因について考えた方が良いでしょう。
原因によって受診する診療科は異なります。

薄毛以外に体の異変などがない場合

基本的に薄毛以外に体の異変などがない場合は皮膚科を受診して薄毛に関する治療を受けるのが一般的です。

頭皮環境が悪化してしまっていて痒みがひどく、フケや炎症、湿疹によって抜け毛が起きてしまっている場合は皮膚科を受診しましょう。

薄毛や抜け毛以外でも体に異変を感じる場合

url

薄毛や抜け毛以外でも体に異変を感じる場合は甲状腺・貧血・糖尿病といった病気の可能性も考えられるため内科を受診しましょう。

体の不調の中でも薄毛の原因となるほどの精神障害や睡眠障害に思い当たる点があるのならば心療内科や精神科を受診しましょう。

しかし、実は病院で受診しても女性の薄毛治療が受けることができない、効果がないという場合もあるのです。

病院はあくまで病気を治療するところ

皮膚科などの一般的な病院というのは、あくまで頭皮の病気や怪我などを治療するところです。
頭皮環境の悪化や病気が原因の女性の薄毛の場合は皮膚科で治療を受けることができて改善も期待できます。
しかし、その他の原因による女性の薄毛の場合は皮膚科を受診しても薄毛が改善されない場合も多いです。

皮膚科での治療ではあまり効果が期待できないとされている薄毛の原因となる代表的なものにはこのようなものがあります。

  • 加齢による老化
  • 栄養不足
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • ストレス
  • 遺伝
  • 産後の抜け毛

などです。
これらは、病気で起こるものでもなければ頭皮環境の悪化によって起きているものでもありません。

加齢、生活習慣などが原因なものなので皮膚科では直接的な治療方法がないのです。このようなことが原因となる女性の薄毛(AGA)の場合は皮膚科を受診しても薬を処方されて終わり、もしくは薬さえも処方されないことも多いです。

実際、私の場合も皮膚科での治療経験がありますが薬代(月1万円)がかかる割に薄毛が改善するまでの効果はなく現状維持で終わってしまいました。

そんな時に、女性の薄毛(AGA)の治療を受けることができるところを探していたところ、女性の薄毛を専門で治療しているクリニックを知りました。

女性の薄毛専門クリニックが薄毛改善に有効

私の場合は加齢が原因の薄毛でしたが、女性の薄毛は他にも生活習慣やホルモンバランスの乱れが原因となっていることが多いです。

この場合、皮膚科ではなくて専門のクリニックを受診することで専門の医師が薄毛の症状を改善していくための治療方針を提供してもらえます。

代表的な女性向け薄毛専門クリニック

logo-1

東京ビューティークリニック

私が実際に通院して効果のあったクリニックです。全国的にも知名度のあるクリニックのようで雑誌で知ったのがきっかけで通院をしました。

クリニックでの薄毛治療は高額なイメージがありますが、自分に合うか合わないのかがはっきり分からない育毛剤を使用してのセルフケアを行っているよりも有効な手段で思っていたより安く(月に2万円程)治療ができました。

→実際に治療を受けた時の体験記です

 

keika

4ヶ月経過した後の経過写真です。

このように気になっていた頭頂部の分け目付近の薄毛が改善しました。

通院が月に一回必要になってくるのですが、通院のたびに担当の先生が親身になって相談にのってくれているなと感じたので効果が出る安心感があったのを覚えています。

まとめ

女性の薄毛の治療は正しく行っていく必要があります。正しい治療やケアをしていないと薄毛の症状が悪化してしまうこともあるようです。

まずは、自分がどのような薄毛の原因で悩んでいるのかを考えて適切な治療をしましょう。

脅す訳ではありませんが、薄毛は症状が進めば進むほど改善するのが難しくなります。
悩みの種となっている薄毛の症状を改善していくためにも早めの受診をしましょう。