女性向けの薄毛

無理なダイエットによる薄毛と抜け毛の原因と回復方法について

現代の10~30代といった若い世代の日本人女性の平均体重は、どんどん軽くなってきているようです。

それだけダイエットに関心の高い人が増えてきている証拠ですが、あまりにも体重を減らす事に熱中しすぎて、美容や健康を損なっている人も中にはいるようです。中でも栄養不足による抜け毛は深刻な問題となっているようです。
今回は無理なダイエットによる薄毛と抜け毛の原因と回復方法について紹介していきます。

無理なダイエットで薄毛や抜け毛が進行する原因

20150614174612

ダイエットにチャレンジする人の多くが、カロリー制限を導入しています。
痩せるためにはまずは食べる量を減らす事が先決だと思って、極端に食事の量を減らす人がいるようです。
もともと1日3~5食といった風に大食漢の人が2食程度に減らすのはそう問題ないのですが、それまで1日に2食程度しか食べていなかった人が、急に1食に減らしてしまうと栄養不足に陥ってしまいます。

栄養不足で一番心配なのが、髪の毛の栄養分となる成分が不足してしまう事です。
具体的には以下のような成分です。

たんぱく質
髪の毛のメイン成分はケラチンたんぱく質です。
ビタミン
アミノ酸の栄養分を運ぶ時に欠かせない栄養分です。
ミネラル
特にマグネシウムは血管を広げて柔らかくする作用があるので、頭皮への血流促進のためにも積極的に摂取した方が良いです。
油分
青魚に含まれるDHAやEPA、ゴマ油やエキストラヴァージンオリーブオイル、ナッツ類といった血液をサラサラにするオメガ3脂肪酸の油分。

もしもダイエットで食事制限を取り入れるのであれば、少ない量の中でも上記のような栄養を意識したバランスの良い食事のメニューを組む事が大切です。

たんぱく質、ビタミンはこうやって摂るべし

d4ef4ad2c951c8821961ddc5c649fea4

たんぱく質でも、鳥のささみや豆腐、納豆、豆乳といったカロリーが低めで消化の良い物を選ぶのがコツです。
ビタミンを摂取する時のポイントとしては水溶性のビタミンと脂溶性のビタミンとに分かれているので、それぞれに適した方法で摂取するのがポイントです。
以下で詳しく紹介します。

水溶性ビタミン

ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンHなどです。
これらは水に溶けやすいといった性質を持っているので、1回の食事でまとめて摂取するよりは、数回に分けて摂取していった方が吸収率は高いです。

食品では
top-photo2

ほうれん草、インゲン豆、アスパラガス、キャベツ、さつまいも、トマトなどが水溶性ビタミンになります。

脂溶性ビタミン

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK等ですが、過剰に摂取してしまうと体内に蓄積される事もあるので注意して下さい

食品では
top-photo1

レバー、卵黄、うなぎ、レバー、きのこ類、豆類が脂溶性ビタミンになります。

適度な運動が抜け毛対策に効果的

image1 頭皮には数多くの毛穴が集中しているのですが、抜け毛や薄毛になる原因としては毛穴の詰まりが挙げられます。
毛穴が皮脂で詰まる事によって呼吸できなくなり、酸素を充分に取り込めなくて、毛球の中の毛母細胞まで栄養が行きわたらなくなり太くて丈夫な髪の毛が弱々しくなってきます。
さらに頭皮のターンオーバーが滞る事によって頭皮にかさぶたが出来て、その余分な皮脂が菌の餌となってしまうので、頭皮がかゆくなってきます。
常に頭皮を掻きむしる習慣が出来ると毛根を傷つけてしまい、髪の毛の育毛サイクルを狂わせてしまいます。

頭皮の毛穴を活性化させるためには?

239_700
頭皮の毛穴の詰まりを解消するためには、運動して汗をかく事が大切です。
顔や頭皮から汗をかけるようになると、毛穴の中の老廃物も汗と共に排出出来るようになります。
余分な皮脂が溜まらなくなると癜風菌も繁殖しなくなるので、かゆみも次第に納まってくるでしょう。
お勧めの運動はジョギングやエアロビクス、エアロバイクといった有酸素運動です。

20分以上汗が出てくるまで行うのが、ポイントです。

頭皮の血行促進だけでなくダイエット効果も得られるので、是非取り入れていって下さいね。

■まとめ
今回はダイエットによる薄毛と抜け毛の原因と対策方法について解説していきました。
ダイエットもただひたすら食べる量を減らすよりは汗を流せる運動を取り入れた方が、頭皮の血行促進作用だけでなく筋肉を付けながら健康的にダイエット出来ます。
時間がないという人も通勤でなるべく歩くことを意識してみたり、エレベーターでなく階段を使うことで軽い運動になります。

また、ダイエット中の食事も髪の毛の栄養になる物を意識して摂取していって下さいね。