女性向けの薄毛

前髪の生え際が薄くなってきた女性必見!原因と回復方法について

「なんだか最近、セットがしにくくなったな」「おでこが広くなってきた気がする」など加齢に伴い次第に前髪が薄くなってきたと悩む女性も多いかと思います。

今回はそんな前髪の生え際が薄くなってきたという女性を対象に、その原因と回復方法について解説していきたいと思います。

女性が加齢による前髪の生え際が薄くなる原因

esutorogen

女性はだいたい40歳を過ぎた辺りから女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量に変化が訪れ、45~50歳の更年期と呼ばれる時期に閉経します。

この時期には女性ホルモンが減少することに抜け毛や疲労、めまい、貧血、代謝不良といった症状に悩まされるようになります。

特に抜け毛の症状は早急に対策が必要なため深刻です。

女性ホルモン減少による抜け毛の症状が深刻な理由

更年期障害によって体内で生成されるコラーゲンの量も次第に減少していくのですが、その少なくなってきているコラーゲンの中で優先的に使われる順番があります。
その順番としては

骨→筋肉→髪の毛→皮膚

となっているのでコラーゲンを摂取してもなかなか髪の毛や皮膚の新しい細胞を生成するまでには届かない場合があります。

肌はスキンケア製品などでコラーゲンヒアルロン酸などを注入していけば、なんとか栄養補給していけます。

しかし、↓にあるように髪の毛の場合には皮膚に比べると生え変わるサイクルがとても長いです。

  • 成長期2~6年

この時期に毛母細胞内で幹細胞が増殖、分化を
繰り返しながら太く丈夫な髪の毛を育てていきます。

  • 退行期2~3週間

細胞分裂が停止して毛包が次第に収縮していくので
毛母細胞に栄養分が運ばれなくなります。

  • 休止期3~4カ月

退行期で収縮された毛包が上がってきて
古い毛が抜け落ちて新しい成長期が始まります。

このサイクルの途中で栄養不足や頭皮の環境の悪化によって丈夫な髪の毛が育たなかった場合には、新しい髪の毛が生えてきたとしてもうぶ毛のように細かったり毛根がしっかり育たずに先細りして抜けやすくなってしまいます。
そのため何もしないままでは抜けていくだけなので早急にケアが必要です。

抜け毛の3つの予防、回復法

髪の毛のサイクルの成長期の段階で髪の毛の成長に必要な栄養が不足したり、代謝不良によって丈夫な髪の毛が育たなくなる事により薄毛が進行していきます。
次に挙げるような予防策をとっていきましょう。

①育毛剤や育毛シャンプーを取り入れる

薄毛を回復するために大切なのが、まだ毛母細胞(髪を育てる細胞)が生きている時に毛根に栄養補給をしてあげる事です。
抜け毛が進行してきたと気が付いた時に、早めに処置してあげるとまた復活する場合があるからです。

そのためには、弱っている毛根に栄養分を補給してあげる必要があります。

育毛成分も女性と男性とではホルモンの分泌が大幅に異なるので、女性の体質にマッチした成分を補給してあげる事がポイントです。

女性にオススメの育毛成分としては、

・センブリエキス
・ビワ葉エキス
・海藻エキス
・グリチルリチン酸2K
・ローマカミツレエキス
・アロエエキス

などです。

こういった自然由来の成分が配合されている育毛シャンプーや育毛剤を取り入れることで副作用がなく、安心して栄養を補給することができます。

具体的には以下のような育毛シャンプーや育毛剤です。

may

育毛剤:マイナチュレ

女性の薄毛に効果のある育毛剤です。
9割以上の方が効果があるので人気の育毛剤です。人気の理由は薄毛回復の即効性にあります。
早い方では1ヶ月で薄毛回復を実感しています。
もちろん、効果には個人差があるので合わない方もいますが、その場合は返金もできるので気軽に試せます。

haru

シャンプー:haru黒髪スカルプ・プロ

普段、使っているシャンプーは石油系の成分が含まれていますが、実はそれが頭皮にダメージを与える結果になり薄毛の原因になっていることもあります。
こちらのシャンプーは頭皮を健やかな状態にしながら、健康な髪を育てます。
シャンプーを変えてみることでも栄養補給してあげて、前髪の育毛サイクルを整えてみては!

②髪の毛に良い食事を摂る

よく言われることですが髪の成長のためには普段の食生活を見直すのが大事です。
特に以下の栄養素を意識して摂っていくと良いです。

たんぱく質
Proteinas saludables

チーズ、牛肉、鶏肉、レバー、卵、赤身の魚、牛乳など

髪の毛は主にたんぱく質から成っています。たんぱく質の中でもメチオニン、シスチンというアミノ酸が含まれている食材を意識して摂取していきましょう。

ビタミン類
vitamin_yasai

レバー、ウナギ、人参、パセリ、ピーマン、ブロッコリー、イワシ、サバ、納豆、大豆、アーモンド、小麦胚芽、カボチャなど

ミネラル
00027044_img04

わかめ、昆布、牡蠣、ひじき、海苔、大豆、レバーなど

血流を促進させながら、栄養分がしっかり毛根にまで運ばれるようにするためには、ビタミンの摂取も大切です。

③充分な睡眠を摂る

睡眠不足も薄毛の大きな原因となります。

脳から成長ホルモンが分泌されるためには、夜の10時から2時までの間に眠りにつく事が大切です。

特に更年期に突入すると熟睡できない事も出来てくるので、普段から上質な眠りにつけるような環境を整えていく事が大切です。

  • 枕や布団、寝間着の素材にこだわる
  • ラベンダーやオレンジスイートといったアロマを炊いたり、首などに浸けて心身共にリラックスさせる
  • 寝る前にスマホやパソコンやテレビを観ない(ブルーライトを浴びないように注意する)

具体的にはこのような方法があります。

それでも効果がなければ薄毛専門クリニックへ

紹介したような回復方法で前髪が生える見込みがないという方は女性専用の薄毛クリニックへ行って治療するのが良いです。

logo-1

東京ビューティークリニック

おどかす訳ではありませんが、髪は抜けてしまってからの期間が長くなれば長くなる程、回復しにくくなってきます。
抜けた前髪が戻ってこないようなら専門の医師に見てもらって早めに治療するのが良いでしょう。
東京ビューティークリニックは全国にあり、治療実績が日本で一番あるクリニックです。

相談だけなら無料でできるので、不安に思う方は一度相談だけしてみるのも良いでしょう。

まとめ

今回は前髪の生え際が薄くなってきた女性のために、その原因や回復方法について解説してきました。

薄毛もまだ毛母細胞が生きている時であれば、努力次第でいくらでもまた復活させていく事は可能です。

そのためには普段から頭皮環境に良い生活習慣を整えていく事が大切です。

最近では育毛剤や育毛シャンプーも高性能な物がどんどん開発されているので、そういった物を上手に取り入れながら抜け毛予防に取り組んでみては。

また、不安に思う方はクリニックという選択肢もあるので諦めずに回復させましょう。