「医食同源」という言葉があるように日々の食生活に注意をし、体調を健康に保つことが薄毛、抜け毛予防につながります。

今回は毛髪にとって良い食べ物や悪い食べ物を紹介していきます。

薄毛、抜け毛に良いもの

アミノ酸

毛髪は何からできているかというと、ケラチンという硬いタンパク質から作られています。
そして、このケラチンはアミノ酸から作られており、毛髪にとっては大切な栄養分です 。
太くコシがある毛髪を作るためには、いかに質のよいアミノ酸を含むタンパク質を摂るかが大切です。
それと、当たり前のことですが絶食 、ダイエットなどでタンパク質の不足になると髪の毛は抜けやすい状態になります。

具体的な食品例

05

一般的に魚や卵、牛乳などの乳製品はアミノ酸を多く含んでいるので、これらの食品を積極的に食べるようにしなければなりません。

毛髪は18種類のアミノ酸で作られています。
中でも大切と言われているのが「シスチン」というアミノ酸で、毛髪を健やかな状態に保ちます。

shoku05

シスチンを多く含む食品には牛、豚、鶏等の肉類や、卵、牛乳、ウニ、スジコ、蟹、牡蠣、アワビ、ジャガイモ、納豆等が挙げられます。

ビタミン

ビタミン不足は様々な影響が出てきます。
特に美容ビタミンと言われるビタミンB2が不足すると、毛髪のヘアサイクルがおかしくなり、脱毛が起こってきたといった動物実験もあります。

具体的な食品例

img_vb

具体的にビタミンB2は牛乳、うなぎ、どじょう、レバー、酵母、チーズ、緑色葉野菜、魚、卵などに多く含まれています。

亜鉛、銅

亜鉛が不足すると髪の生成に必要なタンパク質、分解酵素はうまく働かなくなってしまいます。
その結果、傷の治りが遅くなる、精子の数の減少、円形脱毛症、脱毛などが起こります。

具体的な食品例

zinc1

牡蠣、レバー、卵、肉類、たらこ、いわし、ココア、カシュー ナッツ、アーモンド、 玄米、ぬ か、クルミ、ネギ、大豆、まいたけ、小麦、小麦、胚芽ゴマなどに多く含まれています。

亜鉛の取りすぎに注意!

体内への銅、鉄の吸収量は亜鉛の摂取量によって変化し、亜鉛の摂取量が多い場合、鉄、銅の吸収が悪くなります。
鉄、銅は不足すると白髪や脱毛が起こってくることもあるのです。

photo_00239

なので亜鉛不足を補うためのサプリメントなどの過剰摂取は、銅や鉄などの不足を起こしやすくするために良くありません。

亜鉛はできるだけ、食品で摂る方がバランスよく摂取できます。

ワカメは髪に良いのか?

wakame01

ワカメ、コンブ、ヒジキなどの海藻類を食べると髪に良く、毛が濃くなると言われますが、これは海中に漂う海藻が黒髪を連想させるからと理由で全くの迷信です。

しかし、海藻類にはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれているので、髪の生成と関与する栄養素を多く含んでいます。
しかし、海藻類を多く食べたからといって髪が生えてくるようにはなりません。

髪の毛は肌などと同じく大部分がたんぱく質から作られています。
そのため、昆布やわかめを多く食べていても、たんぱく質が少ないと、髪の毛が痩せ細って最後には抜けてしまいます。

それでもツヤがあって健やかな髪を作る効果は高い食べ物なので髪の健康を守るためには摂った方がよいでしょう。

薄毛、抜け毛に悪いもの

塩分に注意!

toraya-set03-1

体内の塩分量が多くなると組織の機能障害が起き、脱毛量が増えます。アメリカでは塩分を制限しただけで抜け毛の数が格段に減ったという報告もある程です。

塩分の代わりに酢やレモンを料理に使うことで味付けのもの足りなさを解消することができます!
低塩しょうゆ、減塩味噌などを活用することでも塩分を減らすことができます。

甘いものに注意!

57460_original

甘いものを食べすぎると皮脂の分泌を増し、フケが出やすくなります。

同じ嗜好品であるタバコに比べれば摂ってはいけないというまではいきませんが、なるべく控えたほうが髪のためには良いです。

それでも、あまり神経質になると、かえってストレスが溜まってしまう原因になるので摂り過ぎに注意するようにしましょう。

辛いものに注意!

唐辛子、七味、ワサビ、カレー、など辛いものは食べ過ぎると皮脂の分泌が多くなり炎症を起こしやすくなります。

spicy-food

あくまで過剰な摂取がいけないので適量の辛いものは、全身の血行を良くし頭皮の血行を良くすることにつながります。

脂っこいもの、脂肪の食べ過ぎに注意!

normal

これも適量であれば問題ないのですが、脂っこいものの食べ過ぎは、血液循環が悪くなり、毛髪の成長に必要な栄養の補給を邪魔します。

毛穴もベタベタな状態になり、脂が毛穴をふさぎ、シャンプーを怠っていると菌が繁殖して炎症に発展すると脱毛症を引き起こしやすくなってしまいます。

酒とタバコにも注意!

a01

お酒も辛いものと同じく適量であれば、アルコールには血管を広げ、血行を盛んにする効果がありますし、ストレス解消にもなり、毛髪や頭皮のためには悪影響を与えることはありません。

しかし、 度が過ぎた飲酒は、ビタミンの消費を高め、毛髪の生育を妨げてしまいます。

201600212_3_01
お酒を飲む時は、特にビタミンB1を多く含むおつまみを食べるようにしましょう!

タバコ

こちらでも紹介されているようにタバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて血液循環を悪化させます。

ハーバード大学公衆衛生学部の調査によると、 喫煙がテストステロン( 男性ホルモンの一種)やジヒドロテストステロン(薄毛や脱毛の原因になる男性ホルモン成分)などの、ほとんどすべての男性ホルモンを増加させることが分かっています。

つまり、タバコは毛髪の発育に完全に悪影響を与えています。

さらに、ヘビースモーカーは頭皮の水分量がなくなっているので、 頭皮は乾燥してカサカサ状態でフケが多くなっている場合が多いです。
フケが多く頭皮の状態が悪化していることも脱け毛に影響します。

まとめ
体を健康に保つという基本的なことが抜け毛、薄毛の予防になりますし、ひいては発毛を促します。
日々の食生活を見直して抜け毛、薄毛の予防し、健康な毛髪を育てていきましょう。